スポンサードリンク


この広告は一定期間更新がない場合に表示されます。
コンテンツの更新が行われると非表示に戻ります。
また、プレミアムユーザーになると常に非表示になります。
これは、私が受講した「小説講座」のまとめです。
自分なりに理解を深めるためにまとめたものです。

きちんと受講すると、講師の先生に添削もして頂けるし、もっと詳しいテキストも頂けます!
私はこれを受講した年に「ノベラボグランプリ」で大賞をいただきましたから、きっと大いにプラスになっているのだと思います。



■小説には二種類……それは「面白い小説」と「面白くない小説」
書きたいよ! 面白い小説!
……というわけで

■面白い小説を書くために大切なのは「間」である
見せ場や事件といった要素をうまくつなぐことが出来ているか?
文章はもちろんだが、展開のさせ方や、伏線の張り方、テーマの捉え方も重要。

■書き始める前に
ネタ集め。作品のテーマ。そして枚数を決める。あ、ジャンルも大切ですね。
同じネタやテーマでも、ジャンルがちがうとずいぶんと変わってくる。一つのネタをいくつかのジャンルで書き出してみるというのも良い練習になるそうです。
また同じジャンルでも、コメディタッチにするかシリアスタッチにするかで変わってくる。



この辺は、人それぞれにネタ帳とかあると思うので。
私は……いつも適当に書き留めて、いざという時にどこに行ったかわからなくなるので、きちんとまとめたいところです。


★実践したいこと
「仮タイトル」
・ジャンル
・100~200字前後のアウトライン


思いついた時にストックをたくさん作っておきたい。
いつも頭の中で考えて終わっちゃうんですよね。


小説講座まとめの目次
第一回
第二回
第三回
第四回
第五回
第六回
2018/06/16(土) 07:27 小説の作り方 PERMALINK COM(0)
スポンサードリンク


この広告は一定期間更新がない場合に表示されます。
コンテンツの更新が行われると非表示に戻ります。
また、プレミアムユーザーになると常に非表示になります。

COMMENT FORM

以下のフォームからコメントを投稿してください