スポンサードリンク


この広告は一定期間更新がない場合に表示されます。
コンテンツの更新が行われると非表示に戻ります。
また、プレミアムユーザーになると常に非表示になります。
実際に書く作業に入ってくると気になるのが、描写。文体。台詞。
今回はそんなところを書いてみます。
■文体とは

  文体=個性

★没個性と自己陶酔に注意
常套句は、使わない!

★短けりゃ、いいというものでもない。
長い文章がダラダラと続くのはいただけないけれども、大切なのは”リズム”と”正確さ”
そこが確保できていれば、長い文章でもOK



■描写
これは本当にいろいろ注意する点があると思います。
抑えておきたい点は


1、「五感」と「細部」を入れること
2、なるべく「具体的」に書くこと。

とのこと。
私としては、これによって、リアル感が増す気がします。


■台詞

1、誰が言っているかちゃんと分かるか?←大切。いがいとできてない小説を見かける
2、その人物らしい台詞をしゃべっているか??

私が特に気をつけたいのはこんなところです。

小説講座まとめの目次
第一回
第二回
第三回
第四回
第五回
第六回

2018/07/21(土) 06:53 小説の作り方 PERMALINK COM(0)
スポンサードリンク


この広告は一定期間更新がない場合に表示されます。
コンテンツの更新が行われると非表示に戻ります。
また、プレミアムユーザーになると常に非表示になります。

COMMENT FORM

以下のフォームからコメントを投稿してください