木漏れ日のなか、蝉時雨が赤いトンガリ屋根の駅舎に降り注ぎます。電車のやってくることのないホームは、時間から取り残されてしまったかのように、静かで穏やかです。
     路線は廃線になってしまいましたが、お客様は結構いらっしゃいます。

    「うわぁ、かわいい。写真撮ろうよ」

     ほら、またお客様です。私も駅長としてお出迎えをしなければなりません。

    ――ようこそ山中駅旧駅舎記念館へ。

    「あ、これだ、夢の叶う切符」

    ――そうです。皆さんのお目当ての、昔懐かしい厚くて硬い切符です。

     セーラー服を着たお客様たちは、発券機にコインを入れます。出てきた切符の発車駅は、この山中駅。行き先は印字されていません。行き先に自分の夢を書くと、それが叶うという噂が広まって、たくさんのお客様が、この小さな駅舎を訪れるようになったのです。
     女子高生のお客様達たちは、次々に切符を買われます。合格祈願に違いありません。

    「待合室カフェでケーキ食べていこうよ」
    「ここの手作りジンジャーエールが美味しいってママが言ってたよ」

    ――よくご存知で。この記念館のもう一つの人気の秘密は、このカフェです。東京からIターンでいらっしゃったシェフが、腕をふるって下さいますよ。

    女子高生の背中を見送ると、私は振り返りました。発券機の前で一人の青年がじっと立っています。あの女子高生の皆さんが来る前からそこにいらっしゃるのですが、ちっとも自販機にお金を入れようとはしないのです。

    「どうかなさいましたか?」

     私は声をかけました。

    「夢が叶う切符……」
    「お客様は、買われないのですか?」
    「ってさ、こんな切符買ったからって、夢が叶うわけないじゃん」

     私はお客様の顔を覗き込みました。青白い顔で、目の下にクマもあります。

    「もちろん何の努力もしなくては、夢はかないません。でもお客様は、十分に努力をなさっておいででしょう? この切符はそういう人の、最後のひと押しをしてくれるのですよ。よろしければ私のパワーを込めましょうか?」

     私の言葉を聞き、お客様は思い切ったようにコインを投入なさいました。自販機から吐き出された切符を、私はお客様の手ごと両手で包み込みました。

    「私のハンドパワー入りですよ」

     その男性は小さく笑って、帰っていきました。私の姿を見ることができるお客様でよかったと思います。
     自転車で去っていく彼を見送っていると、入れ替わりに麓の寺の坊様が、こちらへとやって来るのが見えました。

    「よう、駅長さん、今日はあんたに会わせたい人を連れてきたんだよ」

     坊様の袈裟の後ろから、小柄な女性がひょっこりと姿を表します。なんとまあ、私のかつての妻、ヒサさんではありませんか。

    「清治さん! もうとっくにあの世に先に行っていると思っていたのに、まだここで駅長の仕事をしてらしたんですか?」
    「だって、この駅が心配だったんですよ」
    「駅長さん。相談なんだが」

     この坊様は、私を見ることが出来る上に、会うたびに説教をするのです。

    「ヒサさんはこの春九十二歳で亡くなってな、新盆が終わったからあっちへ行きなさるとさ。あんたもそろそろあっちへ行かねば、地縛霊になっちまうんでねえか? 駅はもうあんたがいなくても大丈夫さ」

     そう言われると、不安になります。私は、私の大切な駅舎をぐるりと見回しました。

    「そうですね。駅にお化けが出るなんて噂になってはいけませんね」
    「まあ、うれしい。では一緒に」

     魂となり、若返ったヒサさんに手を引かれて、駅のホームへと出ました。

    「ああ!」

     私は思わず身を乗り出しました。向こうからやってくるのは、あのなつかしい汽車です。煙を上げて、汽笛を鳴らして、こちらへとやってきます。

    「お二人さん、忘れてっつぉい」

     後ろから坊様の手が伸びてきました。そこには二枚の切符。
     私とヒサさんは、それを受け取ると汽車に乗り込みます。ワクワクとしてきます。私とヒサさんはもっと若返ります。二人とも、もうとっくに子どもの姿なのです。

     汽車が発車します。

     果てしない空に向かって。

    ――ああ、まるで大好きだった銀河鉄道のようだ――

     汽笛が鳴り響く! 旅立ちの時だと。

    スポンサードリンク


    この広告は一定期間更新がない場合に表示されます。
    コンテンツの更新が行われると非表示に戻ります。
    また、プレミアムユーザーになると常に非表示になります。

    「孤独」 (完済)

    前編  中編  後編

    「かつて、精霊がいた」 (完結)

    「アサユキ 精霊と出会う」
    その一 その二 その三
    「アサユキ 神子となる」
    その一 その二 その三 その四
    「アサユキと 白い精霊」
    その一 その二
    「アサユキと 魂の輪」
    その一 その二
    「アサユキ 決別する」
    その一 その二 その三