私は、心霊現象とか心霊スポットといった、怖い話が大好きだ。
     友人が、新しくできた美味しいクレープ屋さんの話題で盛り上がる時、私は心霊写真特集の組まれた雑誌をめくり、休みの日には心霊スポット巡りを楽しむ。
     バラエティー番組の心霊特集だって、お笑い半分とわかっていてもきちんとチェックだ。

    「ちょっと、叫んでばっかりいないで、ガンガン進みなさいよ!」

     廃墟となった心霊スポットに足を踏み入れたものの、一向に先に進まないタレントに腹を立てる。ああ、もし私があの場にいたなら、華麗に的確にリポートをしているものを!
     とまあ、こんなに心霊現象を愛してやまない私なのに、なぜだろう? 生まれてこの方、一度も幽霊というものに会ったことがないのだ。

    「あそこのトンネルって、出るんでしょう?」
    「昔あそこを通った時、肩が重くなってね、それからしばらく調子が悪くてさあ」
    「えー、うそー。こわーいー」

     そんな話を聞きつければ、勢い勇んで噂のトンネルを訪れる。
     入り口でゆれる菊の花。暮れかかる空。不気味な音を立てる風。すごくいい雰囲気だ。
     ……だ・け・ど! 待てど暮らせど怪しい気配はない。時折私のわきを、車が大きく迂回してすり抜けていく。
     帰ってからスマホでとった写真を必死で確認するも、どこにも幽霊は写っていない。
     そんな私なので、学校新聞に載った心霊写真をみたときの衝撃は大きかった。

    「ちょとなにこれ!」

     学校の廊下に男子生徒が四人並んでいる写真。一番右端の男子の二の腕のあたりから、ピースサインをした手がはっきり突き出しているけど、その手の主はどこにも写っていない!

    「それ、こわいよねー」
    「この学校の三年に、心霊写真バンバン撮る先輩がいるんだってー」
    「いっつも古いフィルム? のカメラを持ちあるってるらしくてさ」
    「知ってる知ってる! 心霊カメラでしょー」
     心霊カメラ! 灯台下暗し! この学校の先輩がそんなものを持っているとは。
     私は迷わずその先輩を尋ねた。

    「先輩っ! お願いです。そのカメラ一日でいいから貸して下さい!」
    「は?」

     先輩の机の上には噂の心霊カメラが置かれている。

    「あんた、カメラに興味があるの?」

     青白い顔をした先輩が、クマの浮いた落ち窪んだ目で私を見た。

    「はいっ!(その心霊カメラに!)」
    「使い方わかる?」

     初めて見るフィルムカメラだけど、先輩の説明を聞くと、簡単そうだった。

    「先輩、撮った写真はどこで確認するんですか?」
    「だから、デジカメじゃないっての」

     なんと驚くことに、撮った写真は現像するまで見られないらしい。でもなんか、そんなところも心霊カメラっぽい気がする。

    「あと二十枚くらい撮れるから、使っていいよ。できた写真はあんたにやる。俺、たいしたの撮ってないから」
    「いいんですかっ!!」

     先輩の写真ももらえるとは!
     私はその日幸せな気分で心霊スポットを巡り、会心のポジションで心を込めてシャッターを切った。


     ☆*゜ ゜゜*☆*゜ ゜゜*☆*゜ ゜゜*☆*゜ ゜゜*


    「師匠~~! 心霊写真が撮れませんー」

     できた写真は、全部なんてこと無い風景写真で、私は先輩に泣きついた。

    「え? あんたカメラに興味があるわけじゃないの?」
    「先輩が心霊カメラ持ってるってきいたんです!」
    「あー、そんな噂もあるけど……いや、心霊写真はカメラじゃなくて、撮る人間の問題だから。残念だったね」

     ……。

     ……。

     ……。


    「師匠~~! 弟子入りさせて下さい! 一緒に心霊写真撮りに行きましょう!」
    「うるさい! ついてくんな! お前が来ると、霊が寄ってこなくなるんだよ!」

     どうやら先輩はかなりの霊媒体質らしい。一緒にいれば、少しは霊を感じられるようになるかもしれない。

    「そんなー。私にも霊感分けて下さいよぉ!」

     迷惑がる先輩だけど、近頃では顔色が良くなったてきたと、学校中の噂なのである。


    〈了〉

    COMMENT FORM

    以下のフォームからコメントを投稿してください

    「孤独」 (完済)

    前編  中編  後編

    「かつて、精霊がいた」 (完結)

    「アサユキ 精霊と出会う」
    その一 その二 その三
    「アサユキ 神子となる」
    その一 その二 その三 その四
    「アサユキと 白い精霊」
    その一 その二
    「アサユキと 魂の輪」
    その一 その二
    「アサユキ 決別する」
    その一 その二 その三