ぼくはベットの中で目を覚ました。
     ぴた、ぱた、ぴた、ぽちゃん……
     灰色に薄明るい室内。
     ぼくと、ママの家。
     外は暗く、少しだけ明るい。
     雨が降っているのだ。
     熱く重いからだ。ママはどこへ行ったのだろうか? 僕は今日、高熱を出して学校を休んだ。ママとぼくの住むアパート。ママと僕だけが住むアパート。高熱を出したぼくのためにママは仕事を休んだ
     夕方、少しうとうとして、目が覚めたら、ママがいなかった。
     ぼくは、ボーっとしながら雨音を聞く。
     優しい音が、絶え間なくぼくの中に入り込んでくる。
     静かに静かに……。

     どのくらいそうしていただろうか?
     ぼくは、部屋の中がさっきより暗くなっているのに気付いた。
     窓からさす外の明かりも、もう、限りなく闇に近くなっている。
     影が伸び、その影のなかは……完全なる闇。
     機械的な雨音だけを残して、その音からは優しさが消えていく。
     影の中から、その闇の中から、さらに深い闇が体を持ち上げる。
     部屋の中を弄《まさぐ》るように、焼けただれ、ドロドロと腐り、溶けていく手が這い出す。そして頭……。ほとんど毛が抜け落ちた頭。肉が溶け筋肉が赤い筋を見せ、眼球だけがきょろきょろと彷徨う。その目とて、見えているのか? 焦点が定まってはいない。
     いや、きっと見えてなどいないのだ。だって、手が見えない何かを探るようにあたりを這う。
     そいつは、手に力を込めると、がばぁぁぁ、と、闇の中から全身を現した。

    (たすけて! たすけて! ママ)
     ぼくにはわかった。
    (死神!)
     奴はぼくをさらいに来たんだ。
     ぼくが、びょうじゃくだから。
     すぐに熱を出して学校を休むんだ。
     ママはいつも、ぼくが熱を出すと、小さなため息をついてかいしゃに電話をかける。
     電話が終わると、ぼくににっこりと笑いかける。
     ママにはぼくしかいないんだって。
     ぼくにだって、ママしかいない。

     闇の中からその全身を露わにした死神は、天井に着くほど大きくて、ちょっとねこぜになっている。
     死神の指先から、じゅうじゅうと溶けだした肉片が床にしみをつくる。
     死神は片足を大きく上げると、勢いをつけて振り下ろした。
     どぉぉぉぉぉぉぉんんん……。
     生きるものをその足の裏で踏みつぶして、自分と同じ肉片にしようとしているんだ。
     どぉぉぉぉぉぉぉんんん……。
     今度はぼくのすぐそばに足が振り下ろされる。
     ぼくは起き上がると、毛布を体に巻きつけてベットの隅に丸くなる。
     どぉぉぉぉぉぉぉんんん……。
     どぉぉぉぉぉぉぉんんん……。

     恐怖。ぼくはもう、身動きすら取れない。
     かみさま、たすけて────!

     ぱちん。
     とたんに、あたりが明るくなった。
     
     部屋の入り口にママが立っていてた。
    「……ひでくん、起きてたの?」
     片手で電気のスイッチを押して、もう一方は買い物袋を提げて立っていた。
     全身がしっとりとして、雨の匂いがママの体から漂ってきた。
     ふと気づくと、あの優しい雨音が、いまも部屋の中に聞こえている。
     毛布をかぶって、ベットの隅に丸くなっているぼくを見ると、かけよってくる。
    「ごめんね。ひでくんよく寝ていたから、お買い物に行ってきたの。めがさめたら一人で不安だったのね?……ごめんね」
     ママは、きゅっと、ぼくを抱いてくれた。
    「ひでくんが元気になるように、おいしいご飯を作るからね。あとね、ひでくんの大好きな、メロンを買ってきたんだよ。丸いのだよ。ご飯食べたら、一緒に食べようね?」
     ぼくの顔を覗き込みながら、わしわしわし、と、頭を混ぜてくれた。

     ぼくはほっとして、ことん、と、ベットに倒れる。
    「ご飯ができたら、起こしてあげるからね、もう少し寝る?」
     ママが聞いたので
    「うん」
     と、僕は答える。

     ママの体がキラキラと光を残して台所へと消えていく。
     ママが連れてきた光が、死神を闇の中え返していった。
     もう、この部屋には暗闇はない。
     優しい雨音と、薄明り。

     ぼくは目を閉じると、雨だれの子守唄を聴きながら、眠りに落ちた。



    *~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~


    おそらく2014年ころの作品だったと思います。
    スポンサードリンク


    この広告は一定期間更新がない場合に表示されます。
    コンテンツの更新が行われると非表示に戻ります。
    また、プレミアムユーザーになると常に非表示になります。

    COMMENT FORM

    以下のフォームからコメントを投稿してください

    「孤独」 (完済)

    前編  中編  後編

    「かつて、精霊がいた」 (完結)

    「アサユキ 精霊と出会う」
    その一 その二 その三
    「アサユキ 神子となる」
    その一 その二 その三 その四
    「アサユキと 白い精霊」
    その一 その二
    「アサユキと 魂の輪」
    その一 その二
    「アサユキ 決別する」
    その一 その二 その三