スポンサードリンク


この広告は一定期間更新がない場合に表示されます。
コンテンツの更新が行われると非表示に戻ります。
また、プレミアムユーザーになると常に非表示になります。
朱色の研究 (角川文庫) 今回はこちらの
「朱色の研究」「長い廊下がある家」「暗い宿」を読みました。
どれも有栖川有栖さん作の火村英生シリーズです。
有栖川さんの作品は「火村英生」のシリーズしか読んだことはないのですが、
時折「うわあ、この文章かっこいい!」と思うようなフレーズがあるのです。

登場人物の火村英生もすごくかっこいいですし。
もう、これだけかっこいいのが揃ったら、なんか嫌味な感じになりそうなんですけれど、それを中和しているのが主人公の有栖川有栖です。
そう、作者さんと同姓同名。しかも職業はミステリー作家。という登場人物がいるのです。

このあたり栗本薫さんの伊集院大介シリーズなんかと、似ているなと思いました。

この有栖さんが、飾り気がなくて憎めなくて飄々としていて……作品が必要以上に深刻になるのを救ってくれているのです。
すごく絶妙なバランスだと思います。

少し前に工藤工さん(火村英生)&窪田正孝さん(有栖川有栖)主演でテレビドラマ化もされましたから、それをみてこの作品を知っているという方も多いと思います。
あのドラマ、面白かった。
火村英生シリーズを一度ばらして、繋いだみたいな感じでした。


……というわけで、なにしろ文章が私好みですので、いくつか書いておきますね。

 私は火村の横顔を見る。彼にも判っていないかもしれない。
 お前は、まるで◯◯の拳銃だ。(朱色の研究)


◯◯には、犯人の名前が入ってしまうんですよ(;_;)

「シロなら君はもちろん自首しない。だが、クロだったとしても、自首なんてしなくていい。一人を発作的に刺して死に至らしめ、もう一人を計画的に殺害しながら平然ととぼけられる人間に自首は必要ない。逮捕状を携えた刑事の訪問を受け、手錠を掛けられて引き立てられるのがお似合いなんだ。いずれにせよ、君は自首してはならない」(By 火村英生)

くう、格好いいんですよね、火村英生ってばいちいち! 彼がどこか謎めいて、暗いものを引きずってる感じがまたなんともいえんのです。上の台詞ももしかすると犯人へ向けていっていながら、自分自身へ向けるものでもあるのかもしれません。

タイトルも格好いいしね

「天空の目」とか「異形の客」とか……。

でも、朱色の研究は、少し長かった気がします。
始めのうちは火村英生の推理も、ちょっと納得の行かないところがあって「うーん、どうなの?」って思っていたらラストはぐいぐい引っ張られました。
ただ、そのラストに行くまでに挫折する読み手もいるかも知れないなと感じました。 なので、★4つでした。

2018/06/17(日) 20:16 記事URL
スポンサードリンク


この広告は一定期間更新がない場合に表示されます。
コンテンツの更新が行われると非表示に戻ります。
また、プレミアムユーザーになると常に非表示になります。