スポンサードリンク


この広告は一定期間更新がない場合に表示されます。
コンテンツの更新が行われると非表示に戻ります。
また、プレミアムユーザーになると常に非表示になります。
スクランブル・マインド―時空の扉 (マインド・スパイラル) こちらは子ども向けのハイファンタジーです。
読みやすくて、面白い作品でした。
私、女の子が主人公というお話が苦手なのですが、まったく気になりませんでした。
続きを読む
2017/12/22(金) 09:17 記事URL
会津執権の栄誉 2017年直木賞候補作品。
星5つとしましたが、気持ち星4.5くらいです。
何故かと言うと、お話の中に入り込んでいくまでに、多少の努力が必要なところでしょうか。
もしかすると、そこで脱落する読み手がいるかもしれないと思いました。
続きを読む
2017/12/19(火) 08:07 記事URL
一人っ子同盟 (新潮文庫) 小学六年生。
その年代の、忘れていた感覚が、生々しく蘇りました。
タイトルもいいし、ラストの一文に「うわ、うまい」と思ってしまいました。
ではなぜ星4つかというと、お話が沢山詰め込まれていすぎて、私としてはもう少しポイントを絞ったもののほうが好きだからです。
2017/12/09(土) 21:42 記事URL
陰陽師(おんみょうじ) (文春文庫) 平安時代が好きです。妖怪が好きです。そして、夢枕獏が好きです。
こんなに、好きなものがてんこ盛りなのに、今までこの文庫本を読んでなかったのですよ。(あちこちはかじってたんだけども)
幾人かの小説家さんって「ああ、お話になって無くても、ひとつの文章を読んだだけでも、好みだなあ……」と感じる方がいらっしゃいます。
夢枕さんもそう言った作家さんのお一人です。
漫画や映画になってますけども、私はやはり小説で読むのが好きです。表紙のイラストも好き。
2017/11/12(日) 07:00 記事URL
八月は冷たい城 (ミステリーランド) 前回ご紹介した「七月に流れる花」の続編になります。この二冊は続けて読むことを強くおすすめします。
「七月に流れる花」は、女の子たちのお話で、こちらは男の子たちの物語。同じ時期、同じ施設での出来事です。
こちらの作品のほうが、より重く苦しい感じになっています。
ラストは、ちょっと衝撃ですので、あまり小さい子にはおすすめできないかな?
中学生くらいなら大丈夫だと思いますよ。
でも、ちょっと謎が残ったままな気もするんですよね……。
2017/10/11(水) 22:36 記事URL
七月に流れる花 (ミステリーランド) YA向けということもあって、とても読みやすい文章です。
酒井駒子さんのイラストもとても美しいし、独特の世界観も、好きです。
ただ、ちょっと解決されないままの謎も多くあって、ちょっとモヤッとしたものが残ります。
2017/10/11(水) 22:33 記事URL
スポンサードリンク


この広告は一定期間更新がない場合に表示されます。
コンテンツの更新が行われると非表示に戻ります。
また、プレミアムユーザーになると常に非表示になります。